-

ここでは為替相場に関するベーシックな事柄に関するお話です。為替取引は「持ち金の送金をしなくても資金のやり取りの行為を果たすこと」を言います。普通為替というのはあらかた外国為替について言及するという人が多いのです。外国の為替を簡潔にいうと国同士の貨幣の引き換えのことを言います。海外旅行(イギリス、台湾、マレーシア、米国)をしたことがあれば必ずといっていいほど国際の為替の取引をしたことがあると思います。銀行で他の国の金へと両替をしたのであればそれが国際為替にあたります。為替市場というのは買いたいと思っている人と売る側の値段を表示したものです。銀行と銀行のやり取りの結果確定されるものです。そこはマーケットメイカーと言われる世界中にあるいくつもの銀行であります。為替の相場は周囲の力を受けつつも休む暇なく時間ごとに変わります。為替の相場を変化させるきっかけとしては、ファンダメンタルズというのがあります。ファンダメンタルズというのは経済の土台やいろいろな要因のことを表すものです。国における経済成長率や景気状態、金融緩和政策、国際収支統計、無就業者数、重要人物の一言など複数の原因が絡んで為替の相場は変化し続けます。ことさら国際収支統計や無就業者数は重大なのです。貿易収支とは何かと言うと、日本でいえば財務省からの指示で日銀が貿易の統計を基に取りまとめた他の国との一定期間の経済取引を残したものです。統計は中央官庁や日本銀行のホームページの中で確認できます。労働者の統計・失業者数も重大となる場合が多い原因であると言います。格段アメリカの就労者の統計は影響します。月に一回公表され、調べる目当てが幅広い点が特色です。為替相場の推移は経済の動向なのです。経済の動向を見極めることで為替相場の変化の先読みが可能になると結論付けられます。

Category

リンク