-

自己破産を行ったとしても裁判所などから家族や親類に直に連絡がいくことはないでしょう。藤沢 ダイビング

よって、家族に発覚してしまわないように自己破産の手続きできるかもしれません。アンボーテ

それでも、実際問題として、自己破産というものを行うときに役所などから同居している家族の月給を証明する紙面や通帳の複写物などという証明資料の届出を有無をいわさず求められるようなこともありますし、貸し手から家族や親族へ連絡がいくというようなこともよくありますから、親族に知れ渡らないように破産の申告が実行できるという100%の保証は望むべきではないと考えられるのです。手島優 ニキビケア

内緒にして後にばれてしまうことに比較すると下手なことはしないで本当のことを打ち明けてご家庭の方々全員が協力し合って自己破産の手続きを実行する方が無難といえるでしょう。車 売却

一方同居していない親族ならば破産の手続きを行ったことが明らかになってしまうというようなことはほとんどありえないと理解してください。にこるん ニキビ

夫/妻の賠償義務を消失させることを主眼として離婚届の提出を検討するカップルもいるとのことですが、そもそも婚姻関係を結んだ夫婦ということであっても基本的には書類上の(連帯)保証人になってしまっていないならば民法の上では強制力は発生しません。ブラジリアン ワックス セルフ

その一方で、書類上の(連帯)保証人という身分になってしまっている場合ならばもし婚姻関係の解消を行っても法律上の義務に関しては残存するとみなされるため法的な支払義務があると言われます。ニキビ グランディム 男性にきび総合事典!!"

だから離婚を行うことさえすれば借金の法律上の支払い義務が帳消しになるなどということはありません。過払い金請求 司法書士事務所

ところでたまに債権をもつ取引先が借入者の近親者に支払いの請求をしてしまうような場合もありますが保証人又は連帯保証人になっていない場合であれば子供と親の間、姉と妹の間などという類いの親族間の債務であろうとも本人以外の親族に法律の上では法的な支払い義務はまずないのです。

それ以前に、法的な支払い義務を持たない近親者に向けて取立てを実行するのは貸金業を規制する法律における政府機関の業務基準の中で固く禁止されており、支払督促のしかたにもよりますが貸金業の規制法の支払の請求のガイドラインに違反することにもなります。

ですから、法的な支払義務を負っていないにも関わらず借り手の家族が催促を受けたという事実が存在するようならば債権者に支払いの請求を止めるよう警告を発する内容証明を送るのが良いでしょう。

人情話風に、債務をもつ人その人のことがとても可哀想でならないからと思って本人以外の家族が未返済金などの債務を代理として返してしまうという話もありますが、債務を負った本人が依存して何回も借金を引き起こすことが多いのです。

ですから借入者本人の事情を考慮したら借金を持つ本人自助努力で借りたお金を返させていくか、自力での返済が出来ないようであれば破産申し込みをさせる方が本人の今後の生活のためになると思います。

Category

リンク