-

自動車での事故は自分だけの事故と誰か別の人に迷惑をかけた交通事故が存在します。

己だけの事故の場面では自分だけで事故対応をすれば終了となりますが他人を巻き込んだ自動車での事故はお互いにどのくらい誤りが存在したのかを確認して、その結果によって愛車の修理費や示談金がいくらになるのかなどが決まりますので保険会社の専門家にも参加してもらい相談が必要不可欠です。

一般的な事故のケースで、相手だけでなく自分にも多少なりとも過失があるケースが大多数でどちらか一方だけの責任を問うという状況は少ないようです。

当然ながら信号無視や一時停止でもそのまま進んだなどは大きな落ち度になりますが被害者側にも手落ちがあったと言われます。

自動車の事故の状況ではどの人の間違いで起きたのかという結果が大切になるのでその結果をみんなに分かりやすく表した基準が過失割合です。

例として、先ほどの信号を無視してしまったり一時停止しなかった条件なら法では相手方に完全な間違いがあると見えますが、その状況でその車が前方から近づいてきて見て確認できた場合では事故の被害者でも注意が足りないと判断され10%ぐらいの責任が認められる可能性もあります。

よってこの状況では加害者が9割自分1割の割合となり間違いが大きいとそれなりの過失が問われる状況になります。

もっといえばこの割合以前の事故の判例を目安として結論をだされる状況が多く、日弁連交通事故相談センターから示されている表となるものが元として用いています。

この過失割合の、割り当てが大きいほど責任、結果的に賠償すべき金額も大きくなってしまうので事故に関する話し合いは事故に関わった人だけでなく車の保険の担当の方に参加してもらってちゃんと話すことが大事です。

Category

リンク