-

どこにでもあるビギナー向けの外為取引の書籍では、「マイナスになった時はナンピンすることで、全体の価格を小さくする」等アドバイスしていますが正直に言うとナンピン買いにはリスクが隠れています。http://webmania.to

まずは、ナンピンの理屈についてとても簡単に説明しておこう。

仮定として100円で1ドルを買ったとします。

ドル買いということで円安ドル高に向うほど利益が大きくなりますが不幸にして1ドル=95円までドル安方向に進んだとします。

このままの状態でポジションを保持し続けたら、損失が回復するまでには、ドル安になった分円安ドル高が進まなければなりません。

投資家であれば、赤字はなるべく早く無くしたいと思います。

そのためはじめに取引したのと同じ量の$(ドル)を1ドル=95円で買います。

そうしたら、ポジションの平均の価格は1ドル=97.50銭まで低くすることができる。

この結果、2.50円の幅でドル高に推移すればマイナスを取り戻す事が出来ます。

それが、ナンピン買いのロジックだ。

こういうふうに、ナンピンのやり方を理解すると、「ごもっとも」という考えになるが相場はそう簡単には問屋を卸してくれない。

最初から、1ドル95円が下限だとということなどわからないのである。

もし、為替相場が相当に強い円高ドル安地合だとしたら1ドル95円では下げ止まらずに、より一層円高ドル安が加速する危険性が高いです。

たとえば、1ドル97.50円でナンピン買いをするとしても1ドル95円まで円高ドル安に進んだら、ナンピンした分についても差損が生じます。

それでは、最初に保有したポジションと同時に倍の損が生まれる事になります。

この例のように、ナンピンは難解です。

それなら、相場が己の台本とは反対に素早く進んでしまった場合いかなる方法で危機を避ければいいのでしょうか。

こういう場合には選択できる方法は2つ。

まずはじめは潔くあきらめてポジションを閉じる事です。

別の方法としては、今現在、自分か所有しているポジションを小さくする事でもう一回相場がリカバリするのを待ち望むことです。

だいぶ控えめな手法だと感じる人もいるでしょう。

しかし、ポジションにマイナスが生じた場合、最も妥当な手法はこの2つ以外にはないです。

言うまでも無く、ロジックのうえではナンピン買いする術もあるように思える。

だがしかしナンピンは自分か損をしている状態で、買いポジションを無くすどころか逆に買いポジションを積み増していく対策です。

この手段では、危険性を避けることなど可能ではないと思ったほうがいいです。

ナンピン買いを続ける事ができればその内儲けが出るかもしれません。

けれども、それ以前に投資資金がショートしてしまいます。

Category

リンク