-

愛車を売却する時や、そして中古車の査定のさいも印鑑証明書がなければなりません。

この印鑑証明という書類に関して解説しましょう。

印鑑証明というのは実印として効力を持つことを保証する目的を持つ公式な書類です。

この印鑑証明がないと、使っている印鑑が実印であることが証明できません。

大きなお金が動く売買になる中古車の売買のため、どうしても実印が必要になりますがそれと一緒に印鑑証明という書類が要るのです。

この印鑑証明を実際に発行するためには事前に印鑑証明をしておかなければなりません。

印鑑証明書に登録する印は普通、実印といい同じものが二つとない印鑑であることが条件です。

この印鑑を準備して、最寄の市役所などの取次ぎ所に行けば、印鑑登録できます。

手続きが終わると印鑑登録カードというものがもらえて、印鑑登録をしたはんこは実印として認められたということになります。

印鑑証明書を交付してもらうには、役場の取次ぎ所へ出向き専用の書類に必要項目を書き込んで、印鑑登録カードを提示するだけで大丈夫です。

それから、自動交付機を使って交付することができます。

印鑑証明には期限切れなどはありません。

そのためどれだけ前の印鑑証明であっても印鑑証明としての効力は消えないことになります。

ただ、自動車売却の時は、効力のある印鑑証明は3ヶ月以内に発行された書類が有効とされています。

基本的には有効期限などはないですが、車の買い取りの時は、買い取り先が必須となる有効期限を設定していますので仮にクルマ売却予定の車があるのであれば、事前に持っておくとよいでしょう。

Category

リンク